少女のすべて

戸田真琴さんの監督した映画(ポルノではない)の上映とトークのイベントに行ってきました。
戸田真琴さんはAV女優ですが、今回は女性限定のイベントで
様々な女の子が居ました。
みんなどういう経緯で知ったのか、よりも
なんでみんなコンタクト取り合ってんの?!
って思った(笑)←ぼっち民
え、インスタ…?インスタなの…??

それはともかくとして、まずは映画上映。
「永遠が通り過ぎていく」という3つ
(正しくは2つの短編と1編のMV)
の短編を繋ぎ合わせた映像集でした。
戸田真琴の思考の断片を繋ぎ合わせたらきっとこんな感じなんだろう、という映像集は
時に幼くて、時にヒリヒリとした低温火傷の様な痛みを覚えて
ちょっとの息苦しさをくれました。
ずっと、抱き締められないと思っていた貴方に
少しでも手を触れられた気がしました。
ただ、音声的な事を言うと
舌っ足らずなナレーションの滑舌のせいか
ポエムの朗読が聞きづらくて…。
それもまた、戸田真琴の一部なんだと思いました。

その後、戸田真琴さんと少女を主に撮影する少女写真家の飯田エリカさんを交えてのトークショー。
生のまこりん、小さい、可愛い、ふわふわしている。
こんなに愛くるしい人に、孤独が詰まっているのだと思うとますます胸が苦しくなりました。
前半は映画について、後半は性についての生きづらさを共有するというもの。
映画についてはめちゃくちゃ色々わかりみあり過ぎる…。
私も音声作品とはいえ、時間ぴったりにお願いしますというのはあるし
実際勿体ねえなあ、と思いながら台詞やシーンを削ったりするけど
まんま差し上げますから時間調整してくれませんか…?ってなる程度に愛着はありますんで…。
(そんな事は出来ねえんだけどな!ペッ!)

性についてのあれこれはまあ、noteに書く事もありつつ色々ぼかしますが
私の事はもう、カクヨムを見てくれよな!って感じですからね、ええ(笑)
しかしながら幸運にも(多分そんな稀有なやつ居ないからだと思う)私の質問を読んでいただけて
飯田さんと戸田さんに暖かい言葉を貰って
あーもうありがとうございます…!!
という感じです。
思わずありがとうございますってお礼言いました…。
いや、言わなきゃいけないと思ったんだよ!!
貰ってばっかりじゃ駄目だと思ったんだよ!!

そして今、帰路な訳ですが
とても貴重で、暖かくて優しい時間でした。
また戸田さんと私の時間が交わる事があるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です