改めてエロは難しい

とりあえず原稿にとりかかってるのですけど
基本「快楽堕ち」を念頭に置いて「バッドエンド」となるとかなり難しいですね。
女の子を気持ち良くして、なおかつ男も満足させて、そして悲惨でなければいけない…。
そう思うとグロって結構楽なのかも、と思ってしまう。
(グロを極めてる人には申し訳ないです)
血を吐かせたり、暴力に訴えたり、四肢を切断したりするのは視覚的に簡単なんだよなぁ…って
思いながら頭を悩ませています。
あと、排泄系もNGなのでむむむ顔です。
この辺私の境界線なんですけど、喉奥フェラはゲロらなければ良いんじゃないかとは思うんですけど
視覚的には辛そうに見えるじゃないですか。
実際苦しいし。
でも悲惨な感じを出して、なおかつ他の人のシナリオと被らないように表現すると
どうしてもそういう感じになっちゃう。
サンプルを拝見して、あーやっぱりそうなっちゃいますよねみたいな。
その「そうなっちゃいますよね」とは違うアプローチのシナリオを書かなければ…
と思うとなかなかに悩ましいですね。

一応今、クライアントさんに途中経過を送付したのですが
もしかしたらもう少しマイルドな表現にしなくてはならないかもしれないですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です